時事ネタ

2019 天皇誕生日はいつ?上皇の誕生日12月23日はどうなるの?

新天皇誕生日は2月23日

元号が新天皇の即位に伴い〈令和〉となりました。そのため、特例法に合わせて「国民の祝日法」の一部も改正され、皇太子さまが即位された後の天皇誕生日を2月23日と改めました。上皇様となられた陛下のお誕生日の12月23日については「上皇誕生日」とするのは新旧天皇の併存による「二重権威」とも映りかねないので、しばらくは平日とするのがふさわしいとの指摘があります。

12月23日が新天皇の即位後は皇室典範特例法の規定によって祝日でなくなることについて政府は、「どのような日を祝日にするかは多様な論点があり、皇位継承後の12月23日を平日とするのか、あるいは新たな国民の祝日とするかは国民各層の幅広い議論が必要だと思っている」と様々な審議がされている最中のようです。

よって、今年令和元年の天皇誕生日はなく、上皇のお誕生日で本来祝日になっていた12月23日は平日となる可能性もあるという事です。

そして、令和で初めての天皇誕生日は

2020年2月23日(日) となります。翌日は24日(月)は振替休日で連休です❗️

 

今までの天皇誕生日は、明治天皇が「文化の日」(11月3日)、昭和天皇が「昭和の日」(4月29日)で、いずれも祝日になっています。4月29日は、昭和天皇の崩御後は「みどりの日」だったが、平成19年に「昭和の日」となり、5月4日が「みどりの日」となりました。

歴代の天皇の誕生日は、いづれも祝日になっていますが、200年ぶりの存命中の譲位になるため、何かと異例の対応になりますね。