知ってると役に立つ

【コープペイ・スマホ決済】登録方法を画像付きで解説!オススメの活用方法をご紹介

こんにちは。sherryです。

最近○○PAYって流行っていますよね!

思いつくだけでもpaypay/linepay/メルペイ/aupay/楽天payなどキャッシュレスの時代に加速がかかっています。

そんな中、コープ(生協)の支払いもついにキャッシュレスに!!

その名も コープペイ 言います。

今回の記事では

  • コープペイの登録方法を画像付きで解説
  • 基本的な使い方
  • 現在のキャンペーン

についてお伝えしていきます。

また、コープペイの口コミ・評判についてはこちらの記事をご覧ください→コープペイ(Coopay)の口コミと評判は?

利用開始までの流れを画像付きで解説

手順その1 生協の組合員になろう!

生協(COOP)とは、消費者一人ひとりがお金(出資金)を出し合い組合員となり、協同で運営・利用する組織です。

まずコープペイを利用するには組合員に加入しなくてはいけません。

加入するには、この後の手順その4で紹介するアプリからも加入できますが、次の方法でも加入できます。

また、生協に加入するには出資金という制度にも賛同する必要があります。出資金とは?

手順その2 アプリをダウンロードしよう!

コープペイアプリの最初の画像コープペイアプリインストール画面

ダウンロードはこちら➡コープペイ・アプリ

ダウンロード後、インストールして進めていきます。

手順その3 利用中の生協を選択・あるいは生協へ加入

コープペイアプリ記入画面

既に生協のメンバー(組合員)の方は生協名を選択し[利用開始]をタップして進みます。

生協のメンバー(組合員)ではない場合は、ここで登録する生協名を選択し[新規登録]をタップして加入手続きが出来ます。

手順その4 必要事項を記入していこう!

アプリ画面に従って、組合員番号・生協に登録した電話番号・組合員のお名前を入力していきます。

続いて、コープペイを利用する端末の電話番号・組合員との続柄を記入していきます。

端末にショートメールで認証番号(5ケタの数字)が届くので、それを入力して「認証」を押します。

手順その5 口座登録をしよう!

口座登録がまだの方は【口座登録はこちら】をタップして記入していきましょう。(店頭サービスカウンターでも登録はできます。)

登録済みの方は「お支払いバーコードを表示」をタップします。

手順その6 会計をしよう!

コープペイアプリの実例画面

お支払いバーコードが表示されたら20分以内にレジの定員さんに提示してバーコードを読み取ってもらうとお支払い完了です!

(バーコードの使用期限は表示させてから20分です。時間が切れてしまった場合は、もう一度バーコードを生成しなおしてください。)

コープペイアプリの画面下アイコン

アプリ下アイコンから、利用・ポイントの履歴・コープペイだけのお得なクーポン・登録したお店のチラシを簡単に確認できます。

基本的な使い方

お得な6つのポイント

1 スマホが財布代わりになる・・まさにキャッシュレスでお買い物が出来ます。わずらわしい小銭のストレスともさよなら!

2 簡単登録・無料で使える・・登録料・手数料無料で18歳以上の家族も同じ組合員番号で別携帯で登録可能です。

3 スマホでかんたん決済・・アプリを起動してバーコードで楽々お会計。チャージの必要がないのが手間いらずですね!

4 コープポイントいつでも2倍・・2000円以上のお買い物で通常ポイントがいつでも2倍。3倍・5倍・10倍ポイントデーも開催あるそうでこの時期を狙って買い物をすると家計にも優しいですね。。

5 クーポン・キャンペーンが盛りだくさん・・限定のお得なクーポンやキャンペーンが利用できます。生協との提携店に「提携先組合員証」を提示すると嬉しいサービスや割引も受けることが出来ます。

6 安心・安全なセキュリティ・・生成されたバーコードは毎回違うものが表示されるなど万全な対策を取っています。セブンペイのようなことはなさそうですね。

今やっているキャンペーン

コープペイ誕生キャンペーン!!(7/22~9/30)

今なら「コープペイ」アプリをダウンロードしてメンバー情報と支払い口座の登録をしてくれた方に300コープポイントをプレゼント!

更に初回決済時に200ポイントをプレゼント!

合計500ポイントがもらえます!!

まとめ

生協は小さい子供たちのを持つお母さんやお買い物に行けないお年寄り、仕事に忙しい方を中心に広く便利なお買い物手段となっています。

お家に届けてくれるだけなく、ストア展開もしていて安心安全な食のために万全なものを提供してくれます。

そんな生協の仕組みにまた新しく便利な機能が加わり、更に利用しやすくなった形となりました。

使えるお店はまだ少ないようですが、これから広がりをみせる傾向がありますので使えるお店では是非使ってみてくださいね!