知ってると役に立つ

ジブリパーク!2022年秋開園!愛知県*愛・地球博記念公園に誕生!!5つのエリアとアクセスは?!

ジブリファンならずともみんなが待っていたテーマパーク「ジブリパーク」が愛知県長久手市の愛・地球博記念公園に2022年秋、いよいよOPENします。

©️studio.ghibri

もともと愛・地球博記念公園には博覧会後「サツキとメイの家」が作られ、一時期大変混雑しました。往復はがきを使って応募し、抽選で当たった人が日にちと時間指定で入場できるといった具合でした。

私もはがきで応募し当選して晴れて入場した一人です。

本当に細かいところまでトトロの世界観があふれていて、サツキとメイが洗濯物を足で踏んで洗濯した井戸やまっくろくろすけのいる屋根裏部屋へと続く階段もあり、自然に期待も膨らみます。

「ジブリパーク」は

  • 青春の丘エリア
  • ジブリの大倉庫エリア
  • どんどこ森エリア
  • もののけの里エリア
  • 魔女の谷エリア

の5つのエリアに分かれます。

2022年の秋には5つのテーマゾーンのうち3つのゾーン(1~3)が一部開園予定です。あとの2つのゾーン(4.5)は約1年後のOPENの予定になっています。

青春の丘エリア

公園北口に一番近く、来園者を迎え導くジブリパークの象徴となります。ジブリの作品としては「ハウルの動く城」の19世紀末の空想科学を整備イメージとしており、「耳をすませば」の「地球屋」も再現される予定です。

ジブリの大倉庫エリア

倉庫らしさと懐かしさを感じる和洋折衷の建築空間を整備イメージとしており、ジブリの作品に関する常設展示のほか企画展示、映像展示などや収蔵施設、遊び場や売店、喫茶などが含まれる予定です。ジブリのありとあらゆるものがこちらでお目にかかれそうですね!今からワクワクします!

どんどこ森エリア

「となりのトトロ」の「サツキとメイの家」を中心にした昭和の田園風景を整備イメージとし、杜や散策路が更に整備される予定です。サツキとメイがドングリのタネをまいて「どんどこ踊り」をしたことからのネーミングですね!

もののけの里エリア

「もののけ姫」のエミシの村とタタラ場をもとにした和風な里山的風景を整備イメージとし、タタラ場は体験学習施設になる予定です。炭焼き小屋、休憩処も整備予定。

おっことぬしや祟り神とも会えるかも・・・

魔女の谷エリア

「魔女の宅急便」「ハウルの動く城」などの北ヨーロッパ風の空間を整備イメージとし「オキノ邸」の庭園や「ハウルの城」と荒地、休憩、レストラン棟などができる予定です。ジブリ作品の体験を通した展示と遊び、休憩等の複合的空間で子供が喜びそうな遊戯施設がここには建設されます。ちょっとした遊園地になりそうですね。子供だけではなく大人も楽しめそうです。

ジブリパークへのアクセス

  • 車でのアクセス・・東名高速名古屋IC、あるいは長久手ICを降り、県道力石名古屋線をグリーンロード豊田方面に15~20分程
  • リニモでのアクセス・・名古屋から地下鉄東山線「藤が丘駅」下車。リニモ「藤が丘駅」~「愛・地球博記念公園駅」で下車。

開園時間や入場料などはまだ未定です。発表があり次第更新していきますのでお楽しみに!!

 

余談ですが、こちらに来たついでに近くのおススメスポットとしてご紹介したいのが「トヨタ自動車博物館」と「IKEA長久手店」です。

「トヨタ自動車博物館」は自動車大好きさんにはたまらない豊田自動車の博物館で、レトロな自動車も展示してあり、きっと目をキラキラさせて胸が膨らむこと間違いなしです!

「IKEA長久手店」はOPEN後「IKEA渋滞」という近隣住民の造語が作られたほど今でも大変人気のスポットです。常に人でいっぱいなので、きっとジブリパークと共に混雑しそうです。

良かったら行く予定リストに入れておいてくださいね!