道の駅

食べて、買って、そば打ち体験も★岐阜の道の駅巡り その11 織部の里もとす

織部の里もとす

本格的な織部焼の絵付け体験やそば打ち体験が人気です。古田織部の功績や作品を紹介する展示館が併設されています。また、樽見鉄道の駅も兼ねており、全国でも珍しい存在の道の駅です。

住所 岐阜県本巣市山口676

営業時間 8:30~17時 レストラン11時~15時

喫茶 8;30~16時

定休日 水曜日(水曜日が祝祭日の場合は翌日が休み)年末年始

こちらは安土桃山時代に武士、茶人、陶人として活躍した織部焼で有名な古田織部についての展示館があり、その作品や功績を無料で見ることができます。焼き物について詳しくなくても「織部焼」の名は知られていますよね。興味のある方はお立ち寄りください。

そしてその織部焼を購入することもできます。

ほかにも花や野菜ももちろんたくさんの品ぞろえです。こちらではネギ2袋(200円)購入しました。あと、中にあるパン屋さんで塩パンと餡巻きデニッシュとチーズパンを買って次の道の駅への道中で食べていきましたが、どれも全て出来立てホヤホヤで、美味しくて3個があっという間にお腹の中へ消えました。【笑】

まだお昼ご飯の時間ではなかったので諦めましたが、これ、とても気になりました!

限定5食の「飛騨牛カレー」!!

誰か、食べたら感想を聞かせてください。

そば打ち体験

体験料  1打3000円(1~4人まで体験可)

土日祝日限定  9:30~10:30

  • 完全予約制(前日までの受付)
  • 1日3打ちまで。
  • 出来上がりは持ち帰りになります。

GWも「GoGo織部GW2019」が開催されています。是非お出かけください★