体験談

子どもの習い事は何がいい⁉️スイミングを習わせるメリットとは📝

こんにちは🎵sherryです🍀

 

みなさんはお子さまにどんな習い事をさせていますか?

習字、ピアノ、塾、スイミング、リトミック、ダンス等いろいろありますね🎵

最初は子どもから「やりたい❗️」と言われて始めましたか?

それともお母さんが子どもの為に行かせてますか?

どちらにしても、習い事というのは本人にやる気があった方が上達が早いですよね☺️

 

それはまさに 好きこそものの上手なれ です。

 

数ある習い事の中で私が一番オススメするのは

「スイミング」

です❗️

 

そして、始めるなら2、3才の頃がベストです。…というのは、人間の運動能力というのはほとんどが1才~5才の間に身に付けたものが基礎になります。どんな運動でも、この期間に習得できればかなりその後の運動神経に影響すると言っても過言ではないでしょう‼️

 

その証拠に小さい頃自転車に乗れるようになった方が、しばらく自転車に乗ることがなくて、久しぶりに乗るときにスッと乗れますよね🎵

オススメポイント

  • 心が丈夫になる。
  • 体が丈夫になる。

1.心が丈夫になる。

スイミングは水の中で浮力を利用しながら泳ぎをマスターしますが、まず最初の難関は「水」を怖がらなくなることです。

 

小さな子どもにとって「水」は顔にかかっても嫌なものです。

 

それは上手に息を止める事ができない、息継ぎができない為です。

 

不思議ですね。お腹の中では羊水の中に浮かんでいたのに☺️

 

ちなみに0才の子の方がベビースイミングで水の中で目を開けて犬かきのように上手に泳ぐんですよ❗️

 

この「水」の恐怖に立ち向かう勇気が必要です❗️

 

この壁を乗り越えられた時、あなたのお子さんの心は一段と強くなれた事になります。

 

そして「水」に打ち勝った後は、なかなか昇級できない…等の大小の壁にぶつかっては乗り越えることで一回りも二回りも心を強くする事ができます。

 

子どもが壁にぶつかって、諦めそうな時、くじけそうな時のお母さんの対応が大切です。

 

自分の子どもの力を信じて、「〇〇ちゃん(くん)ならできるよ❗️」と励まし、できた時には少し大げさぐらいに一緒に喜んであげましょう❗️

 

2.体が丈夫になる。

「水」に慣れると次は息継ぎをしながら泳ぐ練習をします。

 

自然と大きく息を吸って吐く事が多くなり、肺活量が鍛えられます❗️

 

そして、プールに入っている時の浮力とプールサイドに上がった時の重力で体力も鍛えられます❗️

 

小さい子だと体力がなくて家に帰ってからご飯も食べずに寝てしまうかもしれませんね☺️

 

でも、無理に起こしてまで食べさせる必要はないですよ。体が疲れている時はきちんと休ませてあげて、起きた時に、きっとお腹が空いているでしょうからたくさん食べさせてあげてください🎵

 

これもお子さんの体力を強くする為に必要な事です❗️

 

寝る子は育つ‼️ですよ(゜∇^d)!!

 

まとめ

うちの子たちは、スイミングのおかげで上記の恩恵を受け、あまり病気をしません❗️

息子に限っては小学校6年まで毎日半袖半ズボンで過ごしてました。勿論、真冬もです。それでも風邪をひく事はほとんどありませんでした。

 

全ての人に当てはまるとは思いませんが、習い事をお考えでしたら参考にしていただければ幸いです❗️

 

sherryでした🎵